「都心の小さな土地に建てる家

都心の密集地にある狭小敷地において、太陽がさんさんと入り、かつプライバシーの守られた住宅にするという、矛盾したテーマに対し、視覚的な「抜け」という手法を用いました。

3階建てのうち、リビング・ダイニングは陽当たりの良い2階に設け、ライトコートを連続させることで、広がりを感じさせます。
高い目隠しルーバーによって、開放的ながらプライバシーも確保しました。

防音室も備えており、近隣に気兼ねすることなく、グランドピアノが引けると喜んでいただいています。



所在地:東京都
主要用途:住宅
延べ面積:99.12u
構造:木造
規模:地上3階
竣工:2010年4月
 
意匠設計:やなぎさわ建築設計室
構造設計:梅沢建築構造研究所
施工:日新建設株式会社



建て主より一言

『柳沢建築士から、どのような家を建てたいですかとの問いに対し、@出来るだけ陽の光を採り入れた明るい家、A望遠鏡で夜空を観察できる家等と好き勝手な要望を申し上げたものの、隣家と接近した土地では無理ではないかと思っておりました。

しかし柳沢建築士は、南側に広いライトコートを配置し広いガラス戸を採用して、陽の光がサンサンと入り込み、夜空を眺める空間を確保して頂き、また適所に窓を設けて採光を行い、家内と娘は防音を設えた部屋で楽しくピアノを弾いて、毎日快適に暮らすことができています。

夢を実現していただいた柳沢建築士に大変感謝申し上げます。』

木製ルーバーと白い外壁の対比

プライバシーを守るライトコート

ライトコートのあうr住宅模型

広がりを感じさせる間接照明

オープンなキッチン
  やなぎさわ建築設計室一級建築士事務所 〒162-0041新宿区早稲田鶴巻町109 DOMANI-501
TEL:03-3205-7712 FAX:03-3205-7713  

Copyright 2012 Yanagisawa Architects All Rights Reserved