プライバシーと通風を確保する目隠しルーバー

目隠しルーバー

築10年を迎えた住宅のリフォームを行っています。

以前はバルコニーの手摺に、風通しの良い横ルーバーを設置していましたが、
周辺の環境が変わり、さらにプライバシーを確保したいとのご要望で、
作り直すこととなりました。

メンテナンスの容易な再生木材を使用し、
視線は通さず風を通すために、伝統的な大和塀を横型にした意匠を採用しました。
他の気になる箇所も、工務店の方に見てもらいながら、メンテナンスを行っていきます。

環境やライフスタイルの変化に応じて手を入れながら、
長く住み続けていただけることが我々の理想とするところです。

関連記事

  1. 竣工1年後の最上階
  2. 地鎮祭
PAGE TOP